借金200万の債務整理

MENU

どうする200万の借金

 

200万もの借金の返済に行き詰って、これからどうしていけばいいのかわからなくなっている方

 

おまとめローンにも通らず、返済日が刻々と近づいてきてしまっていたり、すでに督促が始まっているという状態だとしたら、考えようによってはここがいいきっかけ。危ない橋を渡るのはもうやめて、つらい借金生活に終止符を打つことを考えてみませんか?

 

辛く孤独な借金生活を送リ続け、笑うことも忘れてしまうような毎日。これほど人生の無駄遣いはありません。

 

一日も早くそんな毎日から抜け出して、有意義な人生を取り戻しましょう!

 

それには、そう、債務整理です!

 

 

 

貴方にとって債務整理する障壁は?

 

債務整理と聞くとどうしても腰が引けてしまいますが、債務整理は債務者にとっての究極の借金地獄脱出方法です。

 

債務整理をするにあたって障壁はありますか?

 

たとえば・・・

 

家族や会社だけには借り入れのある事がばれてしまうとまずい

 

・奥様や旦那様はもちろん他の家族にも勤務先や親類友人など、近しい人にも内緒で債務整理を行うこともできます。

 

債務整理したいが、そんな費用を持っていない

 

・債務整理を依頼する場合の支払いは月割りで払うことがその上費用の払い方も負担が少なくなるような方法がとられています。依頼される人の多くは支払う費用もない状態で債務整理をはじめていますのでご心配は無用です。

 

債務整理に支払う料金が高すぎる

 

・債務整理をする費用と、支払い続けていく利息の額をよく比較してみましょう。債務整理を依頼した方が如何に安く上げることができるか、火を見るより明らかです。

 

借入先(サラ金 等)にクレームがきそうで怖い。(こじれるような事になるのが怖い)

 

・債務整理がスタートすると、消費者金融などの貸金業者は、債務整理を宣言した人(貴方)に直接コンタクトする行為が決められた法によりできなくなります。

 

同時に、全てについて貴方が依頼した弁護士または司法書士が貴方の代わりに、貸金業者との交渉事を進めてくれますから、あなたが直接貸金業者と談判することはありませんので心配はご無用です。

 

まず起こることはありませんが、万が一サラ金業者などが債務整理をしたからとクレームを入れてくるようなことをしてきたとしても、あなたの代理人となっている弁護士や司法書士がちゃんと対応してくれます。

 

法律家にお説教されるかもしれないと思うと腰が引けてしまう

 

・少なくても、借金解決のための無料相談を受け付けている法律事務所の司法書士などには、借金地獄で苦しむあなたに対してお説教などを言うような人はいません。

 

親身になって悩みを聞いてくれるので、安心して申し込んでみることをお勧めします。

 

ギャンブルや浪費でしてしまった債務でも整理することは可能?

 

・任意整理と個人再生のいずれかなら賭け事無駄遣いが原因の借金でも、債務整理は行えますが、自己破産においては行うことができませんので気を付けてください。

 

原因がギャンブルなどでも債務整理ができる任意整理、または個人再生で相談する場合でも、借金の原因は包み隠さず相談員に告げるようにしましょう。そうすることによって、全容がはっきりするので、相談者にとって最もふさわしい解決方法を考えてもらえます。

 

家族の現状にはまったく支障はない?

 

・債務整理を行うことは、債務者だけの問題にとどまるので、家族の生活には影響はありません。家族名義のクレジットカードやスマホが使えなくなるとか、勤め先や学校などに知られるなどといったことは全くないので危惧 するに至りません。

 

以上のように、あなたの債務整理の有無に係わることなくご家族は今まで通り変わりなく生活していくことができます。

 

債務整理行うと財産を処分しなければいけない?

 

・ほとんどの人は、財産を失うことなく債務整理で借金地獄から解放されています。とは言え、自己破産や個人再生を選択すると、一部の財産の処分が必要になってしまうケースもあります。

 

但し、何が何でも自己破産や個人再生でなくては解決できないという場合を除いては、それ以外の方法で財産を守れるよう検討することが望ましいでしょう。とにかく、専門家に相談して財産を守る方法を授けてもらい、一日も早く借金の整理を行いましょう。

 

 

もし、以上のことであなたから障壁が少しでもとれたなら、前向きに200万の借金と向き合ってみてください。

 

 

 

 

オンライン無料診断

無料債務相談は、債務整理を得意とする法律事務所が個々に行っていますが、中にはいくつかの設問に答えるだけのシミュレーターを介して、匿名で債務診断を行ってくれるサイトもあります。

 

ここは、毎月3000人以上の人たちが診断を行っているという人気サービスです。

 

「いくら借金が減るのか?」「いくら現金が戻るのか?」といったことに法律事務所の専門家が、即日答えてくれるので、このようなサービスを受けてみるのもお勧めです。

 

↓無料で行える債務診断↓

 

相談を受けてみる

 

債務整理について不安がすこしでもぬぐえたら、早速相談を受けてみましょう。

 

 

相談を受けてみる

 

相談は、メールまたは直接電話で行うことができます。
最初から電話はちょっと・・・」という人はまずはメールで相談してみてください。

 

電話でもメールでも、相談するにあたって必要なデーターを用意しておきましょう。

 

基本的には、どこの相談窓口でも以下の物については必須ですので、あらかじめ用意しておいてください。

 

借り入れ件数
借り入れ総金額
借り入れを開始された時期

 

その他に、今あなたが一番知りたいこととか、心配なことなどは、遠慮せずに質問できるようにしておきましょう。

 

メールの場合、ほとんどの窓口ではメールフォームがありますので、それに沿って貴方の借金の状況を書き込んでいってください。

 

 

 

↓債務シミュレーション↓

 

評判の良い法律事務所

 

無料相談を行ってくれる 評判の良い法律事務所をご紹介してみましょう。

 

 以下にご紹介している法律事務所はすべて
   全国対応
   相談料、初期費用無料
   分割支払い可
   着手金なし

 

※相談はもちろんすべて無料です。
一応参考までに、それぞれの法律事務所で債務整理を行った場合の費用も掲載しておきます。

新大阪法務司法書士事務所

任意整理の費用は業界でも屈指の低水準価格です。

費用(任意整理)
・基本報酬:債権者1社ごとに20,000円(税抜)
・減額報酬:10%
・過払い報酬:20%

 

 

 

司法書士法人はたの法務事務所

秘密で債務整理したいなら、ここがおすすめ!
費用(任意整理)
・基本報酬:債権者1社ごとに20,000円(税抜)〜
・減額報酬:10%
・過払い報酬:20%

 

司法書士歴34年!受任件数7,000件以上の信頼と実績があます。

 

 

 

【女性専用】 アヴァンスレディース

女性スタッフが対応!任意整理をお考えで、借り入れ件数が多い方にお勧めです。
費用(任意整理)
・1社〜3社、債権者1社ごとに50,000円(税抜)
・4社〜5社、債権者1社ごとに40,000円(税抜)
・6社以上、債権者1社ごとに20,000円(税抜)
※別途、債権者ごとに事務手数料1万円(税抜)
・過払い報酬:16%〜

 

アヴァンスの料金設定は、件数ごとに一律の金額に設定されています。減額報酬などの追加費用は一切ありません。

 

 

 

【女性専用】 債務Lady

スタッフも女性のみなので安心してご相談いただけます。
費用(任意整理)
・基本報酬:1社あたり20,000円(税別)
・減額報酬:10%(最低 20,000円)
・過払い報酬:過払い額の20%

 

 

 

 

弁護士法人SALUTE法律事務所

ヤミ金からの借り入れもある方はコチラ!

ヤミ金の相談実績15,000件以上!
費用(ヤミ金解決)
・闇金業者1社5万円〜(税別)

 

手続き後もヤミ金から危害を受けないよう、対策もケアしてくれます。

 

 

 

↓まずは匿名で相談するなら↓

 

借金生活に終止符

 

債務整理を経験したことのあるほとんどの人は「あぁ、これであんなにつらかった借金生活に終止符が打てる!」と、債務整理を依頼した瞬間に肩の荷がスーっと降りることを実感しています。

 

また、同時に、「債務整理の依頼はこんなにスムーズなのか!」とも思うことでしょう。

 

サラ金の「この度の融資は見送らせていただきます。」の嵐の中で呆然としてしまうことと比べたら、天国と地獄ほどの差があります。
「でも、どこで相談していいのやら・・・」

 

債務整理を考えては見たものの、いったいどこで相談するのがいいのか迷ってしまいますね。

 

ネットで調べても、弁護士や司法書士といったお堅い業種の人に、どうやって相談していい物やらわかりませんね。

 

そんな時には、無料で利用できる「「借金対策シミュレーター」というサービスなどがおすすめです。

 

匿名で利用でき、貴方の借金問題の解決方法について、専門家が詳しくアドバイスしてくれます。

 

一人で悶々としていても、何も前には進みません。
行動することを恐れていては借金は増えるばかり。結局最後には身動きできなくなり、いずれは何がしかの債務整理にすがることになります。

 

 

債務整理の方法は自己破産ばかりではありません

 

とにかく動かなくては始まりません!

 

どうせしなくてはいけない債務整理なら、最悪の状態になる前に、一日でも早く始めたほうがいい事は明らかですよね。

 

債務整理と聞くと自己破産がすぐに思い浮かぶかもしれませんが、債務整理の方法は自己破産ばかりではありません。

 

借金解決にはいくつかの方法があり、ほとんどの人は自己破産以外の「任意整理」や「個人再生」といった方法で借金地獄から抜け出しています。

 

特に任意整理などは、誰にも知られずに借金整理することも可能です。

 

まずは、貴方の現状を専門家に診てもらいましょう。そしてそのアドバイスを元によく検討して、苦しくてつらい借金地獄から一日も早く抜け出してください。

 

それよりもまずは、現在の200万の借金地獄から脱出することを考えましょう。

 

それでも、やっぱりもう少し踏ん張ってみたいという人も、甘い融資話を目にしたり耳にしたりしても、そんな所でむやみやたらと個人情報はふりまかないでくださいね。
それでなくとも消費者金融の個人情報は、かなり流出しています。

 

そんな流出情報を元に、ヤミ金融などの悪徳業者が、悪魔のささやきで手招きしてきます。

 

 

安易にそんなところに足を踏み入れてしまうと、貴方の今後の人生が狂ってしまう恐れがあります。
覚えのないところからのそんな誘いは、絶対スルーしてくださいね。

 

 

 

債務整理を行う

 

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産の三つの方法があります。それぞれ手続きの方法が異なりますので、弁護士や司法書士と相談しながら進めて行くことが必要です。

 

債務整理の流れとしては、まず最初に弁護士や司法書士に相談をおこない、どの方法を選択するかを決めていきます。

 

相談方法は、直接法律事務所に行く方法もありますが、最近では、メールや電話での無料相談サービスから相談を始める人が増えています。

 

いずれにせよ、借金の残高や返済能力、あるいは債務整理によるメリットやデメリットなどを弁護士や司法書士から説明してもらい、ご自身に最適な方法を選択します。その後、正式に法律事務所と契約をして手続きを依頼することになります。

 

 

どの方法を選択したとしても、債務整理のスタートは債権者宛に受任通知を送付することから始まります。

 

受任通知とは、債務者(債務整理を依頼した人)が弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼したことを債権者に伝えるための書面ですが、この段階からは、弁護士や司法書士が債務者の代理人になっているので、全ての手続きや和解交渉に債務者がかかわることがありません。

 

その後は、各手続き方法に応じた和解交渉を代理人が行っていきます。全ての債務が免除される自己破産は、基本的に債権者との交渉は必要ありません。

 

債権者集会を開催しますが、殆どの場合10分程度で終了する事務的なものとなっています。任意整理は債権者と様々な和解交渉を行う必要がありますし、個人再生の場合も小規模個人再生を実行する場合は、債権者の同意が必要となります。

 

 

債務整理あれこれ

 

債務整理についてよくある質問などをはじめ、いろいろなことをランダムに掲載しています。

 

ご参考になれば幸いです。

 

債務整理二回目はできる?

 

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産という種類があり、消費者の状況や希望に応じてどの方法をとるかを選ぶことができます。これらの債務整理で二回目ができるかという質問は多いですが、結論から言うと、債務整理は何回でも行なうことができます。しかし、無条件でとはいかず、一定の条件がつく場合があり、また二回目以降は難易度が上がる場合もあります。
個人再生と自己破産については、前回の個人再生もしくは自己破産から7年間が経過しているという条件を満たしている必要があります。任意整理については、債権者との交渉があるものの、比較的認められる可能性は高いです。個人再生については、小規模個人再生では債権者の過半数の同意が必要なので、二回目は難しくなります。
給与所得者等再生なら債権者の同意はいりませんが、返済額が多くなりがちです。自己破産が最も難しく、二回目以降は裁判所の免責が下りにくくなります。一度借金をゼロにしたにもかかわらず再び自己破産を申し立てるということは、反省の色が見えないと思われてしまうからです。

債務整理の事故情報掲載期間は?
債務整理をすると、個人信用情報機関に事故情報が登録され、いわゆるブラックリストに載った状態になります。ブラックリストに載っていると、金融機関の審査に通らないので、新たに借金をしたりクレジットカードを作ったりすることができません。
信用情報機関に事故情報が掲載される期間ですが、任意整理をした場合はおよそ5年間です。これは任意整理で減額した借金を完済してから5年間なのではなく、任意整理をした時点から5年間という意味です。そのため借金の返済が終わらないうちにブラックリストから消えることもあります。
個人再生と自己破産については、CICとJICCでは掲載される期間はおよそ5年間ですが、全国銀行信用情報センターでは官報情報なのでおよそ10年間は掲載されます。
任意整理と個人再生では減額した借金をおよそ3年かけて返済することになりますが、その返済中にもしも延滞をしてしまうと、事故情報は消えません。その場合は借金を完済してからおよそ5年間は残ることになります。

債務整理の民事再生とは?
民事再生とは企業が再建を目指して倒産する制度のことであり、その制度を個人に応用したものが債務整理の個人再生にあたります。個人再生を実行する場合には、まず弁護士に相談する必要があります。個人再生は債務を5分の1などに大きく削減することが出来ますが、大きなデメリットも存在しますので事前に弁護士から説明を受けて、制度を認識しておくことが必要です。
個人再生は裁判所を通じて手続きを行い、認められれば債務を減額することが出来ます。減額出来る幅は債務の金額によっても異なりますが、数千万円の債務がある場合には10分の1に圧縮することも可能です。
個人再生のメリットの一つに住宅を手放さずに手続きが出来ることです。住宅の存在は生活において大きな影響がありますので、個人再生では一定額以上の財産を手放す必要がありますが、住宅ローンは除外して手続きを行うことが可能です。
借金の返済負担がそれほど大きくなければ任意整理を選択することが出来ますし、負担が大き過ぎる場合は自己破産と言った選択しもあります。個人再生も含めてどの方法が最適か、弁護士に相談する必要があります。

 

>>もう一度 無料相談所を見てみる