200万の債務整理

MENU

借金200万を債務整理

債務整理には、特定調停と任意整理、個人再生、そして自己破産といった解決方法があります。

 

200万前後の債務整理の場合、収入状態によっては、自己破産でなくては解決できないといったこともあるかもしれませんが、ほとんどは任意整理か個人再生で解決できると思われます。

 

※特定調停でも不可能ではないと思いますが、この場合、裁判所に仲介に入ってもらうとはいえ、原則として弁護士や司法書士なしで煩雑な申請や、債権者との交渉を個人で行わなくてはならないので、素人ではなかなかうまく事が運ばないことが多いようです。

 

ここでは、任意整理と個人再生についての大まかな方法をご紹介しますが、個々に生活の状況や事情が異なりますので、あくまでも参考としてとらえてください。

任意整理と個人再生

任意整理

 

任意整理の場合には、現在以降の返済は金利をカットしてもらい、残債務(現在残っている元金)のみを返済します。

 

また、住宅や財産などを手放なすことはありません。

 

債権者との和解が取れ次第、返済に関しては、3年(あるいは5年)をめどに分割で支払っていきます。
(※親兄弟などの親族の協力が得られる場合には、一括で返済することも可能です。)

 

利息制限法で定められた以上の利息を払っていないか(過払い金の発生の有無)を調べたのち、もし支払っていた場合には、引き直し計算後過払い金を残債務から引き去り、残った元金を返済します。

 

過払い金が発生していない場合には、現在残っている元金について、金利なしで返済を行っていきます。

 

 

個人再生

 

個人再生の場合も、過払い金の発生を調べたのち返済していきますが、こちらは任意整理のように金利のカットだけではなく、元金についても大幅な減額が見込まれます。

 

債務額が500万を超えるような高額債務については、元金の1/5程度の返済額まで減額されますが、それ以下の200万前後の借金の場合には、減額後の返済額は100万となります。

 

高額債務と比べると減額の割合は少ないかもしれませんが、それでも半分になるのですから、任意整理から比べると大きな差になります。

 

また、一定の条件を満たせば、住宅を手放さずに手続きを行うことができます。

 

しかし、個人再生は大きな減額がある分、任意整理よりも申請のハードルは上がってきます。

 

任意整理では現在保持している財産に関しては問題にされませんが、個人再生では、所有する財産や生命保険などの返戻金といったものも関与してきますので、全ての人がこの方法が適用されるとは言い切れません。

 

※自己破産同様に裁判所に申し立て、個人再生が確定すると官報に掲載されます。